子供のねむり

疲れると興奮するのはなぜ?

寝たくないと訴えているのではなく、就寝時間を早める必要があるのです

疲労を感じると、私たちのネジは徐々に緩んで、最終的には動きが止まります。疲れた体がついにガス欠を起こしたような感じになるのです。ところが、1歳から3歳くらいまでの子供の多くはそうはなりません。彼らにとって、疲労はむしろガソリンのような

もので、ますますきつくネジが巻かれます。そして、ついには異常に活動的になり、それと同時に精神的な興奮もピークに達して、今にもヒステリックに笑い始めるか、ひどい癇癪を起すかの瀬戸際になるのです。夜、ショッピングや外食で遅くなり、幼い

子供が肝癪を起して泣き叫んでいたら、お行儀の悪い子供だからではなく、もうベッドに入っていなければならない時間だからなのです。

だから・・・「おやすみの儀式」の時間をもちましょう

就寝時間を早めるには、子ども自身が楽しみにして待つような「おやすみの儀式」の時間をもつことです。全体で二十分か三十分の間に、子どもが興味をひかれる活動を3つか4つ、順番にすすめましょう。読み聞かせや、お休みの歌を一緒に歌う、家

族全員におやすみの挨拶をさせるなど、その子に効果があることが大切です。たとえ、一晩か二晩、儀式がうまくゆかなくても、叱ったり、罰を与えたりしてはいけません。そういうことをすべて儀式に組み込み、家族全員が、子供の寝支度の時間をごく

当たり前の日課、それも楽しみに待つ日課として扱えば、子供もだんだんにそういうものとして扱うようになるでしょう。

重すぎるランドセルでは疲れてしまう

ランドセル商戦のまっさかりですが、天然の本革のランドセルを選ぶ人が結構いるようなのですが、重さが約1200gあります。 それに対して、人口革のランドセルは最軽量のモノで約900gと約300gの差があります。 カラダが大きくなる高学年になると大丈夫なのですが、 小さいうちはこの300gが効いてくるのです。 鞄工房山本さんのランドセルは天然の本革でありながら、軽量タイプのランドセルを販売していらっしゃいます。 ランドセル 山本

ランキング

チョコレートケーキ

チョコレートケーキ。